Noisette_press_n100レイアウト案2.jpg

ノアゼットプレス100号はこちらです~!!

花火を打ち上げたり、ワイン飲んでみたり

お祝いっぽくしてみましたが伝わっていますでしょうか......!

まずは表紙

いつもはパリジャンパリジェンヌにインタビューさせていただいていますが

記念号はわたくし編集長と

創刊号からずうっと担当してくれている守隨記者

そして現在の編集Kさんとの鼎談でお送りしました

この鼎談に向けて

これまでの99号分を全部読み返して

感傷的になっている状態、プラスちょっぴりお酒までのんで(奥田民生リスペクトではない)

興奮状態でのトークなので

後半ありがとうありがとう言いまくる

ダメなサークルの送別会の挨拶みたいになっている

それに対し守随記者の冷静なことよ

助かります!

どんな気持ちでノアゼットプレスを始めたのか

ライターさんたちの人物像など語っておりますので

お時間あるときぜひご覧くださいませ~

ちなみにこちらには

前ページ既に掲載しておりますので

今すぐ全部読みたいよ!

という方はクリッククリック~



◆ノアゼットプレスはケータイ・パソコンでもお読みいただけます!☆

リニューアルして読みやすくなりました!

http://noisette-press.net/

おうちの中でもノアゼットプレス最新号を楽しんでいただけます!

是非ダウンロードしてご覧くださいませ~!おうちノアゼット!!

◆ブログランキングに参加しています!クリックお願いいたします!


banner.gif

 

S__72187933.jpg


人生で初めて姫路に降り立つぅ~

コロナ禍初期に戦国無双にハマって関ケ原まで行ったぜ、とドヤっていましたが

姫路城を見てないのは片手落ちであったことよ!

ということで京都から徳島に向かう途中で降りることにしました


私の知っているような有名戦国武将で言うと

兜がお吸い物のお椀にクリソツだと名高い黒田官兵衛!

顔はめパネルもしっかりお椀をかぶった武将がいたね

本当にお椀被ってるな~

S__72237097.jpg


駅の真正面にドーンと大きい通りが合ってその奥に鎮座する姫路城

今でも姫路の街、姫路城をカッコよく見せる様に作られてるじゃん~

江戸城もこんな感じだったらいいのに~!

どんどん近づくと


S__72237094.jpg


頭の上の寝ぐせのように見えていたのはしゃちほこであった

パッと見、足長い感じね~

このゴールデンウイークから内部見学を再開したとかでものすごい人混みの中

6階まであがるとようやく一番上

階段が急でそれが6階ということであまりにキツくて

子ども途中から怒り始めて、つるつるの木製の床を泳ぎだしていた

姫路城=階段

というしんどい思い出になったそうです

S__72237096.jpg


イモ洗いの如く込み合う天守閣で撮影した唯一の写真が

こちらのしゃちほこ

私は何のために6階分上ったんでしたでしょうか



S__722370912.jpg

見学するのに専用のアプリがあり

QRコードを読み取るとビデオが流れたり

写真で使える枠をもらえたり

勉強になりました

例えばこちらのカワイイ〇△◇の穴は

鉄砲やら槍やら石やらで敵を攻撃するためのもの~


S__72237093.jpg


こんな感じ

他にも

こちらの石垣

何か隠れていますが何が見えますか~

S__72237095.jpg


そう、おじさんの顔です

願掛けのようなもので

石垣に人間の顔を作っていれておくと強い城になるとか

左の方にはハート型の石もあります

昔の人もお茶目なんだから~


ちなみにびじゅチューンにも姫路城の曲がありまして

「姫路城で初デート」

是非ご覧くださいませ~





◆ノアゼットプレスはケータイ・パソコンでもお読みいただけます!☆

リニューアルして読みやすくなりました!

http://noisette-press.net/

おうちの中でもノアゼットプレス最新号を楽しんでいただけます!

是非ダウンロードしてご覧くださいませ~!おうちノアゼット!!

◆ブログランキングに参加しています!クリックお願いいたします!


banner.gif

 

S__72187939.jpg


大事にとっておいた「愛の不時着」最終回を観ました!

それでいいのかな?

っていうラストでしたが

とにかく北朝鮮の村民の女性たちと、部下たちのコメディ部分が楽しいドラマでした

韓国ドラマのお間抜け部門の俳優さんたちは本当に芸達者......

生瀬さんくらい、画面の端っこでも笑えるオーラを出しているな~

あと、あんなに泣きまくっているのに

俳優さんたちのファンデーションが綺麗なままなのはスゴイな~


それに比べてこないだ観たドリフのコントの笑えないことよ!

貧乏すぎる居酒屋、というコントが本当に悲しくて

お父さんが死んで、お母さんが居酒屋を引き継ぐけどお金が無くて

お店のものを売って、お酒やつまみを用意する 

その後ろでボロボロの服を着た子供たちがお腹が減ったと騒いで母親に殴られるという

4歳児ですら悲しそうに見ていたよ

ドリフの時代は笑えたのかも知れないけど、笑い0どころかマイナスである

もう設定を石器時代とかにしなければ笑えないな~



S__72187941.jpg

ということで

京都旅行、子供たちが寺院仏閣だと退屈してしまうので

太秦映画村へ立ち寄りました~

町娘に扮した俳優さんが映画撮影の裏側を教えてくれるツアーに参加し

色んな映画やドラマに使われる街並みを堪能

アトラクションは軒並み100分以上の待ち時間だったので断念 

ディズニーランド並みのものすごい人気ですよ!



S__72187940.jpg


時代劇ファンの聖地かつ、

スーパー戦隊シリーズの聖地でもあり

46代のスーパー戦隊がずらずら~(仮面ライダーもプリキュアも)



S__72187942.jpg


写真で見ると

なんで自分がこれにハマっているのかな?と冷静になりますね~

東映特撮ファンクラブ、月1000円 やめるまでカウントダウンか!

カムカムエブリバディファンが一番楽しんでいる太秦でありました






◆ノアゼットプレスはケータイ・パソコンでもお読みいただけます!☆

リニューアルして読みやすくなりました!

http://noisette-press.net/

おうちの中でもノアゼットプレス最新号を楽しんでいただけます!

是非ダウンロードしてご覧くださいませ~!おうちノアゼット!!

◆ブログランキングに参加しています!クリックお願いいたします!


banner.gif

 

S__72187946.jpg


ノアゼットプレス100号記念号の作業を終え

ゴールデンウイークに突入、打ち上げ旅行に行ってきました

今回のテーマは「びじゅチューン!」

NHKのEテレでやっている、美術をおもしろおかしくアニメーションと歌で紹介してくれる番組

Youtubeで発見してから子供と一緒に遡って

実際はどんな作品なのか?ってことを見に行こう!という企画を軸に

その周辺をあちこちつまみ食いする旅へ!


最終目的地は徳島・鳴門の大塚国際美術館

4歳児と7歳児が疲れてしまわないよう

中継地点で休みつつ行こう、と計画

マイルが徳島往復分なかった、というのも大きかったぜ

最初はパリでかわいがってくれたM先輩の住む京都へGO!

納涼床に行きたい~

なんて軽い気持ちでお願いしたら

極寒!!!

S__72187937.jpg


景色はとっても素敵で風流で最高

だ け ど!

寒い!寒いのに!

鱧は冷え冷え

S__72187936.jpg


冷製スープがキンキンに冷えてやがる!!

これ以上ない納涼!!

真夏仕様だぜ!!

毛布を追加したのは初めての体験だったな~

S__72187938.jpg


暖かいお茶ください!って何度も頼む面倒な客になってしまった

悪いのは京都の夜の冷え込みをなめていた私!間違いない!!



◆ノアゼットプレスはケータイ・パソコンでもお読みいただけます!☆

リニューアルして読みやすくなりました!

http://noisette-press.net/

おうちの中でもノアゼットプレス最新号を楽しんでいただけます!

是非ダウンロードしてご覧くださいませ~!おうちノアゼット!!

◆ブログランキングに参加しています!クリックお願いいたします!

http://blog.with2.net/link.php?1333259




DSC00583.JPG

最近になってスーパー戦隊シリーズの

ゼンカイジャーファンとなり

初めて映画が公開になったので公開日に前のめりで

大雨に濡れそぼりながら見に行ってきました

劇場ははほとんど大人、男性多め、と

うちの4歳児が怖がって声を上げようものなら

周りの大人がピリピリとした視線を向けてくる

想定外の客層

内容は想像通りしっちゃかめっちゃかだったのですが

テレビよりも子供向けかな?

隣のおじさんは長年の戦隊シリーズファンなのか爆笑していて

わからん、どこが爆笑ポイントだったのかさっぱりわからん

まだまだ奥が深い......

写真は唐突に8年前くらいのもの

ノアゼットプレス100号に私の写真を載せないといけなかったのですが

もう全然ないし

会ってもマスクしてるし

生活感ありすぎだし

子供が一緒に映りこんでるし

なにより太い(これが一番)

パリに居たころの写真でも許してもらおう、読者の皆さんならきっと許してくれる

と、昔の写真を見漁っていたところ

プロヴァンス旅行の写真で

ゴッホの「夜のカフェ」の舞台になったカフェで記念撮影したものが出てきました

首に巻いているのは枕ではありません

髪、赤いの流行っていたんだろうか 

フランス人マダムの

「ゴッホは絶対このカフェに来ていない このカフェでお金を払えたとは思えない」

と自信に満ちた顔が思い出されます~





◆ノアゼットプレスはケータイ・パソコンでもお読みいただけます!☆

リニューアルして読みやすくなりました!

http://noisette-press.net/

おうちの中でもノアゼットプレス最新号を楽しんでいただけます!

是非ダウンロードしてご覧くださいませ~!おうちノアゼット!!

◆ブログランキングに参加しています!クリックお願いいたします!

http://blog.with2.net/link.php?1333259





吉野亜衣子

吉野亜衣子

リアルなフランス情報フリーペーパー「ノアゼットプレス」編集長・発行人。ラジオ局文化放送で記者、ディレクターを経て2011年夏、退社。突然うっかりフランス・パリで過ごすことに...

続きを見る

アパルトマン検索

ノアゼットプレスはこちら

月別 アーカイブ

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ノアゼットのネットショップ