リアル綾鷹と正しい玉露をいただくー上林春松のカフェSalon de KANBAYASHIー

| コメント(0)

IMG_0747.JPG


京都で抹茶ばかり頂いたわけではありません

街歩きをしていて疲れ果てたところで出くわした

老舗も老舗、450年の歴史があるという上林春松というお茶の名店

大名や将軍のお茶担当になっていたというやんごとなきこちらのお店が

一般の人にわかりやすくお茶を楽しんでもらえるようにと

下々のもののために作ってくれたカフェです!

おじゃましまーす!

ガイドブックによると「自分でお茶を入れるというコンセプト」

らしいのですが

お店のお茶ソムリエ風のプロフェッショナルが

この人たちじゃ無理だな

と思ったのか

プロがお茶を入れてくれました~イエーイ!



IMG_0745.JPG


左手にあるのが玉露、右手にあるのがペットボトルでも有名な綾鷹

お茶の入れ方も知らないまま35になってしまったので

お湯の温度はもちろん、玉露専用の急須があることも知らず

さらに、おちょこサイズの湯飲みで飲まなければいけないことや

最後に急須を振って、ぽたりぽたりと落ちるしずくがトロっとして丸みを帯びることから

玉露と呼ぶ、なんてことも知りませんでした~

プロの入れた玉露はもう想像を絶するお味で

プロ曰く「昆布だしみたいでしょう」

昆布だし...ですかね...?

濃厚かつ、接したことのない苦みとも言えそうな旨み(プロ曰く)

これが衝撃の味GYOKURO!

プロは玉露の育て方まで教えてくれてとっても親切 自分で入れなくてよかった!

無知が顔に出てて良かったな~

綾鷹は、おいしかったです

でもペットボトルの味をつい思い出してしまって、なんだか残念であります





IMG_0746.JPG


こんなキャッチ―なデザートもあって

お勉強になったうえにすいませんねえ、という感じ

IMG_0748.JPG


お店自体は新しいみたいで

京都の老舗中の老舗を求めている人にはちょっとモダンかもしれませんが

素敵なお店でございました!



☆ブログランキング、まだしつこく参加してます!

やっぱりクリックお願いします!頑張ります!
banner.gif

★こちらも始めました!よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ にほんブログ村
★ノアゼットのおすすめするフランスの宝物達がWEBで!ノアゼットストアはこちら

★ノアゼットプレスはこちらからダウンロードできます★



 

コメントする

吉野亜衣子

吉野亜衣子

リアルなフランス情報フリーペーパー「ノアゼットプレス」編集長・発行人。ラジオ局文化放送で記者、ディレクターを経て2011年夏、退社。突然うっかりフランス・パリで過ごすことに...

続きを見る

AQAのアクセサリーはこちら

アパルトマン検索

ノアゼットプレスはこちら

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ノアゼットのネットショップ