フレンチ幼稚園初日ーお迎え編-

| コメント(0)

IMG_8398.jpg

お嬢の入った年中クラスは見た感じ、クラスメイトは7割くらい日仏ハーフの子供で、
日日カップルの子供はお嬢入れて2人ほど
かな??
お母さんが日本人というのがとても多く
年少から来ていたお母さんなどは
「すごい蚊に刺されるから虫除けつけて来た方が良いですよ」などアドバイスをくれたりして
もう天使に見えました
ただ、学童が充実していることもあり
「フルタイムで働いてるので、学童とバスの合わせ技です」
天使はなかなか降臨してくれない模様です
初日のお迎え、お嬢が泣きながら駆け寄ってくるのを覚悟して行ったところ
「楽しかったよー」とクラスから駆け出して来ました
フランス人の先生からはフランス語で
「昼寝したよ」
とのこと
会話が終わってしまったのでとりあえず
「どれくらい?」
と聞いて見ましたが
「うーん、1時間半くらいかな」
「へー」
会話終了
しばらくその場で立って見ましたが
初日はどうだったとかそういうコメントはない模様
流石に気になり日本人の先生を呼び止め
「今日うちの子大丈夫でしたか」
「えーと、フランス語、全然わかってませんね?」
真顔で確認
「そうですね...」
「わかりました」
「すいません」
「あと昼寝の時に泣いたのとトイレの時に泣きました
ペンとハサミの練習をしてきてください」
初日からなんだか圧がすごいよ......
愛想笑いプリーズ!あ、シルブプレ!
お嬢本人は特に気に留めてない様子
幼稚園の話はせず
話して来たのは
「トマトとお肉が出て来たよ サラダは食べられなかったよ」
「お昼寝のところが硬くて泣いたよ」
「トイレを流す音が怖くて泣いたよ」
は??
初日から問い詰めるのやめよう
食事はどうにか訓練できても昼寝の場所の硬さとトイレの音は母さん無力
ああ、大丈夫かなあ!
一言言い返せることがあるとすれば
必死子いて探したA4が入る大きいリュックなんて誰も背負ってないじゃん!
亀仙人みたいなのお嬢だけである
ブーブー

☆ブログランキング参加しています!クリックお願いいたします!

banner.gif

コメントする

吉野亜衣子

吉野亜衣子

リアルなフランス情報フリーペーパー「ノアゼットプレス」編集長・発行人。ラジオ局文化放送で記者、ディレクターを経て2011年夏、退社。突然うっかりフランス・パリで過ごすことに...

続きを見る

フランスで新生活を始めるなら

アパルトマン検索

ノアゼットプレスはこちら

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ノアゼットのネットショップ