白熱!フレンチインターナショナル学校日本人向け保護者会①

| コメント(0)

IMG_9024.jpeg


最近朝起きて10歩くらいがめちゃめちゃ痛いんですが

何の病気でしょうか

体重増加?

ああ、早く体重増加が病気と見なされてやせ薬を保険で処方してくれないかなあ!

私はさておきアム氏の体重もすごそう

夜中にふと寝ている姿を見て、これはいくらなんでも丸すぎる、運動させなければと思い悩んじゃったり

離乳食の食らいつきが池の鯉みたいで

食べずに揉んでいたお嬢と大違いである 

母さんみたいに常に体重を気にする人生を送ってほしくないのよー!

って、本当に気にしてたらこんなことにはなってないのよねー!


ということで、そんな丸々とした親子で

フレンチ幼稚園(とその付属校)日本人向け説明会へ行ってきました

8時45分から、と言って登壇者が遅れ15分遅れでスタート さすがフランスゥ

そして、終わったのが12時

3時間質疑応答の嵐!

かつてこれ程までに質問が引きも切らない会があったろうか いやない

私と同じように今年から通わせ始めた日本人親たちの不安がここにきて一気に発露

わかるわかる

フランス語だと伝えられない複雑なことでわからないことが山ほどあるよね!

私も必死におっぱいあげてアム氏を黙らせながら挙手して質問しちゃったものね~


で、感想を一言でいうなれば

とんでもないところに入っちゃったかも

であります

幼稚園から通わせておけば、フランス語と日本語両方自然に身につくかも~

なんて

トイレのスリッパで頭はたかれそうです

この学校にスリッパなんてないけどな!オール土足!


仕切っていた方々は自分の子どもをすでに長く通わせている保護者の先輩で

親身になってお話してくださいましたが

「給食が合わずこどもが毎日パン一口しか食べずに帰ってきていた」

うんうん、ありそうだね

「日本語の勉強のためにz会も並行して入っていて子どもがヘトヘト」

「宿題が多すぎて毎晩11時まで日仏辞典片手に親子でやっていた」

......可哀想なお嬢(と私)

さらには

「健康診断、身体測定はないのでそれぞれチェックする」

「こどもがハサミで指を切っても先生はが教えてくれず、帰宅後血が滴り驚いて病院に行ったら3針縫った」

「頭を5針縫うけがをしてもガーゼを当てるだけで連絡がなく、病院も連れて行かず子どもが保健室で待っていた」

安全だけは守ってほしいな!!

と、100%大変だった話

0%通わせてよかった話

怖いよ~怖いよ~

「そのような覚悟がない方は、ほかの選択肢、他の学校を考えられた方がよいかもしれません」

キャーーー!!殺しにかかってるーーーーー!!!

アム氏を抱えて走って逃げだしたい~~~




☆ブログランキング参加しています!クリックお願いいたします!
banner.gif

コメントする

吉野亜衣子

吉野亜衣子

リアルなフランス情報フリーペーパー「ノアゼットプレス」編集長・発行人。ラジオ局文化放送で記者、ディレクターを経て2011年夏、退社。突然うっかりフランス・パリで過ごすことに...

続きを見る

フランスで新生活を始めるなら

アパルトマン検索

ノアゼットプレスはこちら

月別 アーカイブ

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ノアゼットのネットショップ