ブルーインパルスと新学期スタート問題

| コメント(0)

S__65429569.jpg


ブルーインパルス、子供たち連れて

歩道橋の上まで行って見てきました

人が集まっていて皆で今か今かとブルーインパルスを待っているとき

「あ!!!見えた!!!」

って私が騒いだら遠くの電線で

「あ、違うわ電線だった」

って言ったらお嬢が恥ずかしそうにしていました 

恥ずかしい親の第一歩を踏み出した瞬間です

私の他にも、

鳥を「あ!来た!」って騒ぐ人もいて

握手を求めたい気持ちでいっぱいでしたが

ソーシャルディスタンス!

穴があったら入りたい気持ちだったので早く帰ろうとした瞬間

きましたきました!

久々に花火が上がった時の気持ちを思い出しました

最近はお嬢の小学校新学期スタートをどうしたものかと

ずっと悩んでて禿げそうだったので

一瞬気持ちが晴れました~ありがとうブルーインパルス!


S__65429571.jpg


お嬢の通う学校は通常通り新学期スタートという連絡が来て

夏休みの延長を期待していた私は心底ガッカリ

周りの小学生の子供がいる友達に連絡したところ

皆もガッカリ

あとは自分たちで

子供を通わせるか休ませるかを判断せねばならない、という状況で頭を悩ませていました

面白いのはみんな

悩んでいるのは母親で、

「え?行かせないとかあるの?」というのは父親

そのあとに続く言葉は

「君が行かせたくないなら休めば」

判断をゆだねるパターン

どうしようどうしよう、と言い合っていると

テレビで「子供の感染急増!」って流れ出し

ギャー!怖いー!!やめてー!

ってなってたら

「アイちゃん、落ち着いて!(笑)」

笑ってくれて嬉しい......

と、若干ノイローゼ気味になっていた私を見かねて

若旦那が学校の先生に電話

自主的に夏休み延長となりました

心の弱い母さんでゴメン!!!

子供はうつっても軽症、と言われていても

これまで流行りの感染症はすべからくかかってきたお嬢と

肺炎で入院経験ありのアムちゃんが

熱出してハアハアしだしたら

心配でこっちが痙攣しそうになるのが目に浮かんじゃって

お嬢の小学生生活を私の小心のせいで短くしてしまっているけれど

家で楽しくしてやるからな!!


とケーキを作ってみたけど

「パイ生地にカスタードを流し込み焼きあげ

ブルーベリーフィリングを流し込み冷やして完成」

を恥ずかしい母さんは

カスタードを流し込み、さらにブルーベリーフィリングを載せて焼き上げてしまいました

焼かれるはずでなかったブルーベリーたちが

地獄の食べ物のような漆黒に仕上がりました......フハハハハ!

微量ながらポップさを足すためにブドウを散りばめております






◆ノアゼットプレスはケータイ・パソコンでもお読みいただけます!☆

リニューアルして読みやすくなりました!

http://noisette-press.net/

おうちの中でもノアゼットプレス最新号を楽しんでいただけます!

是非ダウンロードしてご覧くださいませ~!おうちノアゼット!!

◆ブログランキングに参加しています!クリックお願いいたします!


banner.gif

 

コメントする

吉野亜衣子

吉野亜衣子

リアルなフランス情報フリーペーパー「ノアゼットプレス」編集長・発行人。ラジオ局文化放送で記者、ディレクターを経て2011年夏、退社。突然うっかりフランス・パリで過ごすことに...

続きを見る

アパルトマン検索

ノアゼットプレスはこちら

月別 アーカイブ

2022年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ノアゼットのネットショップ